有害物質を調査!REACH分析で安全性を確保しよう

顕微鏡

REACH分析とは?

REACH分析とはREACH規則で分析の対象となっている物質自体や調剤中の物質、成形品中の物質について分析を行うことを言います。分析を行った化学物質の中で有害性が懸念される化学物質については認可、規制の対象となり化学物質が基準値よりも低く設定することが求められます。また化学物質に対して安全性や用途に関する情報の登録が義務付けられており、必要に応じて追加して情報提供が要求される場合もあるため注意が必要です。

REACH分析の分析方法

主な分析方法としては誘導結合プラズマ発光分光、紫外可視分光法、ガスクロマトグラフィ質量分析法、電子捕捉型検出器を用いたガスクロマトグラフィ分析法、多波長検出器を用いた高速液体クロマトグラフ、タンデム型質量分析計を用いた高速液体クロマトグラフなどが用いられています。測定を行いたいサンプルを凍結させ、その後粉砕をします。粉砕したサンプルを特定の溶媒を用いて抽出し濃縮を行います。最後に上記述べた分析装置で分析を行い、特定成分の量を調べていきます。

自社で分析or専門会社に依頼どちらがいいか比較

自社で分析するメリットとは?

REACH分析を行う際のメリットとは分析機器をあらかじめ自社に持っていれば専門業者に頼むより費用が抑えられる点にあります。また分析したいときにすぐ分析をできるため時間もかかりません。会社に分析解析できる人がいれは自社で行う方が金銭的にはよいでしょう。

専門業者に依頼したときのメリットは?

専門業者に依頼するときのメリットは確実に正確な分析結果が得られる点にあります。また自社に分析機器がそろっていない場合は分析機器の初期投資に膨大な費用がかかるため専門業者に依頼した方が費用が抑えられます。

新しい規制にも対応できる点に注目

REACH規則は初めに作られた2006年から改定が繰り返し行われています。特に有害性が懸念される化学物質のリストは随時更新されており常に気を配ってなければなりません。専門会社であれば高懸念物質についてのリスト更新には気を配って確認をしているため分析もれの心配がありません。また新しい規制についてもきちんと対応して分析を行ってくれますので安心できます。

専門会社なら完成品の分析も可能

化学物質のみの分析であればほぼ分析法が確立されているため、自社で分析を行うことも可能ですが完成品となればそうはいきません。完成品の分析方法はまだ規定されていないため自社で行うにはかなりハードルが高いと言えます。その点専門業者であれば培ったノウハウ等がありますので時間も費用も自社で分析するよりも効率よく分析を進めることが出来ます。

新しい規制にも対応できる点に注目

REACH分析の疑問を解消

REACH分析は物に含まれている有害物質のチェックを行なう分析になっています。企業では自社の扱う製品の安全を確かめるために利用されることが多く、利用者にとっても高い品質を選ぶ基準としてREACH分析が行われている製品を選ぶといったことに役立っています。

REACH分析した物質の情報がどこまで公開すればいいの?

研究

REACH分析にかかる費用を安くする方法!

完成品と単一素材では、調査時間や調査価格が変わってきます。ただし完成品での検査の方が依頼者としては作業量が少なくなります。なお、安全性についての登録が必要で、安全データーシートを作成して提出する必要があります。

READ MORE
実験用品

REACH分析を専門業者へ依頼するときの注意点

REACH規制とは欧州諸国にて製造したり、輸入したりする化学物質について登録するものです。専門会社に調査を依頼することができますが、価格や調査制度を考慮しながら適切な専門業者を選ぶ必要があります。

READ MORE
広告募集中