REACH分析にかかる費用を安くする方法!

REACH分析はセット価格でオトクに依頼できる!

完成品と単一素材で分析するときの違いとは?

全てお任せできる完成品の分析

感染品にて分析依頼をすると、分析依頼者にとっては一つの製品を梱包するだけですので、サンプル試料の送付が楽になります。しかし、分析会社にとっては分解作業や粉砕作業などが入るため、分析料金が高くなり、分析時間も長くなるのが一般的です。

安く早く分析が終わるのが単一素材分析

単一素材分析は、分析業者にとっては分析がしやすい状態ですので、短時間で安い価格にて調査することが可能です。一方、検査依頼者にとっては、たくさんのパーツをラベル付けして梱包しなければならないため大きな負担となります。

完成品から分析するなら費用もチェック

完成品を提出して分析してもらう場合は、先にも紹介したとおり単一素材の分析よりも高くなります。単一素材の分析であれば、174物質全てを調べたとしても、約35万円程度で済みますが、完成品となると50万円前後となることが多いです。

REACH分析にかかる費用を安くする方法!

研究

安全性について登録義務がある

REACH規則を守るためには、製品を開発した企業が安全性データを収集し、安全性データーシートを作成して登録しなくてはなりません。安全性データーシートの内容としては、「危険有害性の要約や組成」、「成分情報」、「火災時の措置」、「漏出時の措置」を始めとして16項目の記載が必要になります。化学品に関しても化学品安全報告書の提出義務があります。

REACH分析にかかる費用

REACH分析にかかる費用としては、1物質あたり3万円が相場になっています。ただし、多くの解析業者では、セット価格というものが設けられていて、たとえば8物質で4万5千円、15物質で5万8千円など、まとめて調べる物質が多くなるほど分析価格は安くなります。REACH規制に指定されている174種類全部を調べた場合は、約35万円となります。

検査する物質数が多いと費用も上がる

検査するサンプル試料が多くなると、当然その分検査費用が高くなります。また、先にも紹介したとおり、セット料金というものが設けられていて、検査する物質数を1物質だけでは無くいくつかの物質をまとめて検査できます。その料金は、1物質を検査する料金よりも高くはなりますが、1物質の調査を複数回調査するよりは価格が安く設定されています。

REACH分析した物質の情報がどこまで公開すればいいの?

研究

REACH分析にかかる費用を安くする方法!

完成品と単一素材では、調査時間や調査価格が変わってきます。ただし完成品での検査の方が依頼者としては作業量が少なくなります。なお、安全性についての登録が必要で、安全データーシートを作成して提出する必要があります。

READ MORE
実験用品

REACH分析を専門業者へ依頼するときの注意点

REACH規制とは欧州諸国にて製造したり、輸入したりする化学物質について登録するものです。専門会社に調査を依頼することができますが、価格や調査制度を考慮しながら適切な専門業者を選ぶ必要があります。

READ MORE
広告募集中