REACH分析を専門業者へ依頼するときの注意点

REACH分析を依頼する業者は実績で厳選しよう

REACH分析を専門業者へ依頼するときの注意点

実験用品

専門会社へ依頼する際の手順

REACH分析を専門業者に依頼する場合は、REACH分析ができる専門会社をピックアップします。そして、それらの会社に分析内容の相談や見積の取得を行います。検査内容の充実度や見積を考慮しながらお願いする分析会社を決定します。その後、分析会社に分析依頼書を提出し、試料サンプルの送付を行います。検査内容や、分析点数により分析期間は異なってきますが、分析が終了すると分析会社から分析レポートが送付されてきます。

依頼するときに気をつけたいこと

REACH分析を依頼する時に気をつけたいこととしては、分析業者の選定です。可能な限り実績が豊富で、あらゆる検査を行っているところが良いでしょう。たとえば、REACH規制と関連性の高いROHS指令に対する分析も行ってくれる分析業者であれば、あわせて両方お願いすることが可能です。また、分析方法としては定性分析と定量分析があるため、目的に合わせて選びましょう。なお、試料サンプル送付については業者と打ち合わせて量を決定する必要があります。量が多すぎると検査機関に迷惑がかかることがあります。

REACH規則とは?

REACH規制とは、欧州区域内で年間1トン以上製造するものや、輸入される化学物質について、安全性や用途に関する情報を登録するものです。2006年12月13日に欧州諸国にて可決され、2007年6月1日から実際に施行されています。現在REACH規制によりしてされている高懸念物質は、174物質になっています。

見積もりを比較してから依頼しよう

REACH分析を依頼するにあたっては、見積もりを取ってみると価格が異なることが分かります。これは、分析機関の規模によっても異なりますし、分析機関によって、セットメニューなどが異なるからです。自分の分析したい物質がセットメニューにはまっていれば安くなります。複数業者に見積もりを取ることが大切です。

REACH分析した物質の情報がどこまで公開すればいいの?

研究

REACH分析にかかる費用を安くする方法!

完成品と単一素材では、調査時間や調査価格が変わってきます。ただし完成品での検査の方が依頼者としては作業量が少なくなります。なお、安全性についての登録が必要で、安全データーシートを作成して提出する必要があります。

READ MORE
実験用品

REACH分析を専門業者へ依頼するときの注意点

REACH規制とは欧州諸国にて製造したり、輸入したりする化学物質について登録するものです。専門会社に調査を依頼することができますが、価格や調査制度を考慮しながら適切な専門業者を選ぶ必要があります。

READ MORE
広告募集中